<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
懐かしのツーリング写真

この秋閉店した馴染みのバイク屋さん。

もうずいぶん前、勤務していた頃に、

ツーリング先で撮った写真を展示していました。

 

飾り終えた後も店の片隅に置いたままだった

それらの写真が、

店内の片付け撤去の際に手元に戻されました。

 

若い頃はずいぶんツーリングにも行って

写真も沢山撮ったけれど、

きちんと整理管理していないので、

見れなくなってしまっているものが多い。

 

戻ってきた写真はどれも懐かしいものばかり。

色あせ変色した写真の中から、数点、

デジタルカメラで撮って、PCで少し修正してみました。

 

20歳の頃初めて北海道に行った時の写真。

これは夏、場所はっきり覚えていないけれど、

おそらく道北、サロベツの近くだと思う。

地平線を始めてみたのは、ここではなくて、

釧路方面から根室方面へ向かう道。

感動してヘルメットの中で奇声をあげた記憶がある。

当時はカニの家とかハチの家とか、

旅人用の無料や小銭で泊まれる、解放宿泊所があり、

無人駅での宿泊も経験した。

ライダーハウスなんて名称も無い時代だった。

 

知床峠から宇登呂側を望んだ写真。

もう薄くなってわからないけれど、

オホーツク海の上に雲海が広がっていた。

二人旅の思い出の残る写真。

遠い過去の事なのに、いまだに懐かしく胸が痛い。

男ってダメです。

 

バイク屋のお客さん、ツーリングのメンバーと

3人で信州をツーリングした時の写真。

残雪を見ながら冷えた空気の中を駆け上った、

乗鞍スカイラインから北アルプス、穂高の峰を望んだ写真。

今はスカイラインもマイカー乗り入れ禁止で

この景色もバイクで見る事は出来ないのかな。

ちなみに、写っているのは自分ではありません。

 

 

この頃のような若さのあるロングツーリングは

今はできないけれど、

またきっと、信州や北海道も走る事が出来るように、

オジサンリターンライダーは夢見ている、、、

 

遠い記憶を呼び覚ました 色あせた写真たち。

 

 

2017.12.04 Monday *** バイク・ツーリング / 21:09 / comments(2) / trackbacks(0)


一走り 紅葉の覚苑寺

午後も遅く、

ふらっと長府の覚苑寺まで、

紅葉を訪ねて来ました。

 

 

紅葉にはちょうどいいタイミングだったようです。

 

本堂の前には銀杏もあり彩りを添えています。

境内には銀杏の実が無人販売されていました。

 

お寺らしい紅葉風景が落ち着きます。

 

真っ赤じゃない色付き具合のものもきれいです。

 

さほど広い訳でもありませんが、

長府でも少し奥まった所にあり、

観光客も少なめで、静かに楽しめました。

(平日の昼だったからかもしれませんが)

 

落ち葉も色付きの表情がそれぞれです。

 

2週続けて、近場で済ませてしまいましたが、

それなりに紅葉を楽しむ事ができました。

もうすぐ今年の紅葉も終わりかな。

2017.11.28 Tuesday *** バイク・ツーリング / 00:45 / comments(0) / trackbacks(0)


閉店

35年近く長きにわたり、

行きつけたバイク屋さんが、

先月を持って営業を終えた。

閉店に伴う諸々を終え、今月で店舗を引き払う。

 

ツーリング帰りにふらりと立ち寄って

雑談に興ずるのも、一昨日が最後だろうか。

 

バイクのメンテナンスを委ねるお店、

バイク談義やツーリングを共にする趣味の拠り所、、、

戸惑いや寂しさに加えて、

少しばかり複雑な思いも浮かぶのは、

かつて、若かりし頃、

整備士として働いた場所でもあるから。

 

一般的な人生のレールから逸脱し、

バイク・ツーリングに現を抜かしていた過去。

その分、齢も行ってから

生活にあがいたりもしたけれど、

全く後悔の思いが無いのは、

この店があったから、と言うところが大きい。

 

幸い、形を変えながらも、

お店や常連の人たちとの繋がりは

続いて行きそうな様子。

 

長い間お疲れ様でした。

ありがとうございました。

 

そして、新しい形でこれからも。

2017.11.22 Wednesday *** バイク・ツーリング / 16:39 / comments(0) / trackbacks(0)


お手軽紅葉ツーリング ・ 魚楽園

昨日、

冷え込みが緩み、暖かくなる昼を待って

近場に紅葉ツーリングに出ました。

 

目的地に選んだのが、田川の「魚楽園」

雪舟さんの手による名園との事ですが、

近場でありながら、初訪問です。

 

さほど大きくはない園内は、きれいに紅葉黄葉に彩られていました。

ちょっと立ち寄って、しばらく足と気持ちを留めて行くには

程好い感じですね。

 

この写真は、手前と奥で明るさの差があり過ぎたのを

無理やり手を加えたので、ちょっと不自然ですが。

 

化粧を落とした裸樹に、残された秋の短さを感じます。

 

逆光に色の重なりが映えていました。

 

園内にはきれいなカフェもあり、

コーヒーブレイクの気も引かれましたが

ライダー姿のおっさん一人、

出店の梅ヶ枝餅一つ口に、英彦山へ向かいました。

 

英彦山駅から山上駐車場へと向かう道沿いは

ちょうど紅葉に彩られ、平日で車も少なく、

久しぶりに心地よく、

景色を眺めながらワインディングを楽しみました。

 

野峠へ向かうと、すでに落葉が進み初冬へ向かう景観。

途中の道路脇の温度計は3度。

 

手軽に程好く、過ぎ行く秋を楽しんだ午後。

 

帰路に行きつけのバイク屋さんを覗いて、しばし歓談。

この時も、もう過ぎ去る。

 

2017.11.22 Wednesday *** バイク・ツーリング / 13:19 / comments(0) / trackbacks(0)


巨樹を訪ねて阿蘇の向こうへ・・・福城寺の大銀杏

昨日は好天で気温も上がるお天気予報。

 

熊本県甲佐町に、

日本2位とも言われる銀杏(公孫樹)

の巨樹を訪ねてみました。

 

北九州、小石原、日田、オートポリス経由で大津、

マミコゥロードで甲佐と、

自分にしては珍しく、休憩1回の走り詰めで、

220キロ程走りまして、、、

 

 

工事中の迂回路に迷いつつ、スマホGPSを頼りに、

少しばかり未舗装路や舗装の荒れた区間もある狭い山間路のほぼ終点、

甲佐岳中腹の福城寺に到着。

 

 

山門でなんだかやさしそうにも見える仁王像がお出迎え。

 

観光地とは無縁な感じの静かな境内

 

お目当ての巨樹は境内脇に、なんでもないように佇んでいました。

 

大きさの対比にセルフタイマーで、、、

ヒコバエって言うのでしょか、

たくさんの細い幹(株?)が伸びていて、

別々の樹が重なって写っているようにも見えますが、

これで一塊の樹です。

 

これだけの巨樹ですが、特に囲みも無く、養生の様子もなく、看板もなく、

境内のはずれに自然放置な感じで、何気に静かに佇んでいます。

 

やっぱり、黄葉の時期に見てみたかったかなぁ。

 

途中の道といい、境内の雰囲気といい、

観光資源として手が加えられられそう、

観光客が増えそう、な感じはなさそうです。

何世代もの人の世の前から、この先まで、

この樹はこうして立っているのでしょう。

 

帰りは清和村から高森、大観峰とまわり、

夕刻以降は、小国、日田、小石原と

通りなれた道で帰路に着きます。

 

通潤橋に寄ってみると、

地元の八朔祭りにあわせて作られる「大造りもの」の展示

今年のテーマは「避暑と移住」なんだそうで、、、。

 

 

高森に入ると南阿蘇。

阿蘇外輪山を越えて南まで遠出したのは数年ぶりなので、

阿蘇が見えるとなんだかちょっと安心感が。

 

残念ながら夕日は西の空の雲に隠れて、

夕日に輝くススキの原を行く、とはなりませんでした。

 

本日の走行距離は475キロ。

数年ぶりの400キロオーバー。

帰りの小石原ではまさかの雨にも降られ、

思い出せないほど久しぶりのレインウェア、夜間雨中走行。

 

まだ、ツーリングライダーとして大丈夫みたい、、、

無事帰着にそうな事も思ったツーリングでした。

2017.10.12 Thursday *** バイク・ツーリング / 13:05 / comments(0) / trackbacks(0)


profile
晴れたらいいね

-天気予報コム-
Archives
Comments
Recommend
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search