<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
黒潮ツーリング・4・・・・遍路道を辿って

宿を出発したら、

展望台駐車場の向かいにある

四国遍路 48番札所 金剛福寺へ。

 

梅雨時期の平日で、人も少ない静かな境内。

ジャケットを脱いだだけのラフな姿のまま、

蝋燭を灯し、線香をあげ、読経、納札、、、

久しぶりの札打ちの手順で参ってみます。

 

ひたすら歩いてここまで辿り着いたあの日は、

9年の歳月の彼方。

あの時の風は今、吹いていますか?、、、。

 

 

今は寺社巡り、御朱印集めがブームらしいですね。

金剛福寺オリジナルの椿の絵柄の御朱印帳が売っていたので、

My御朱印帳にする事にしました。

 

ちなみにページ数が少ないので、

お遍路の納経帳には使えません、との事です。

 

金剛福寺を参り終えたら、

足摺を後にする前に、もう一度展望台へ。

まぁ、すぐそこですから、、、。

 

日差しが降りそそぐ青い岬。

日の出もいいですが、やっぱり足摺のイメージはこうですね。

 

岬を後にしたら、半島の東海岸線を北上。

国道321に出てもそのまま、昨日来た道を戻り

下ノ加江から県道21を通って宿毛方面へ、、、、、

遍路で歩いたルートをあえて辿って、

49番札所、延光寺へ向かいます。

その先は、途中、御荘で50番札所、観自在寺に立ち寄りつつ

国道56号にまかせて宇和へ向かいます。

 

いくつもの大切な再会や出会いがあった、足摺の東海岸。

 

49番札所、延光寺を札打ち。 境内で佇む赤亀。

 

50番札所、観自在寺。

ツアーの団体遍路と鉢合わせ。

 

56号線を北上中、

道端の無人販売小屋に、

おじさんが琵琶を並べているのを発見。

無人販売があるたびに見ていたのですが、

やっと琵琶がありました。

 

おじさん曰く、今年最後の琵琶だそうです。

1パック100円。

 

宇和の静かな海が見える所で、適当に休憩を繰り返し。

 

道端にバイクを停めて海を見ていると

散歩中のおじさんに話しかけられたりしました。

若い頃のツーリングでは、よくそんな事もありましたが、

今はもう、自分もおじさんになりました。

 

ゆっくりし過ぎて、宇和島の街を抜けた頃には

フェリーの時間に余裕がありません。

三間から一区間だけ無料区間の松山自動車道に乗り、

次の西予宇和ICからほど近い、

43番札所、明石寺を改めて参ってから八幡浜港へ。

 

17時25分発、別府行のフェリーで四国を後にしました。

 

フェリーでくつろぐ間に、

延光寺で頂いたせんべいと琵琶で、

久しぶりの一泊ツーリングの一人打ち上げ。

別府からまだ一走りありますが。

 

船上からの夕日。

別府からの夜間走行を終え、23時には無事帰宅です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.20 Tuesday *** バイク / 17:44 / comments(0) / trackbacks(0)


黒潮ツーリング・3・・・足摺早朝散歩

前夜、宿のロビーで目にしていた

「日の出4:55 展望台から見えます」の掲示。

自然と目が覚めたので、行ってみました。

 

夜明けを待つ灯台。

 

綺麗なご来光。

展望台には10名程がご来光を見に訪れていました。

 

今日は展望台の駐車場前にある、

48番札所の金剛福寺を参ってから足摺を出発する予定。

開門の時間まで時間もあるので、周辺を散歩です。

 

白山洞門。海蝕による洞門で、高さ16m、幅17m。

花崗岩洞門では日本一の規模、だそうです。

 

洞門横の海岸。静かです。

 

灯台。空に映えます。

 

灯台から見た海。

自分には頭が右で、海に浮いてる亀に見えます。

 

宿で朝ぶろと朝食。

きびなごの一夜干し

 

自分で炙っていただきます。

 

自分で節を削って頂きます。醤油は宗田節醤油。

 

すっかり日も高まり、

お世話になった足摺国際観光ホテルを出発です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.19 Monday *** バイク / 11:52 / comments(0) / trackbacks(0)


黒潮ツーリング・2・・・足摺岬へ

沈下橋巡りを終えたら、

さらに四万十川を下り、

国道321号・通称サニーロードに出て南下。

 

四万十大橋からの321号は、

また、歩き遍路のルートと重なり、

いろいろな思いが湧いてきます。

 

321号が峠を越えて海沿いに出ると、

歩き遍路の中で忘れられない宿の前を通ります。

ちょうど、宿の方のいらっしゃるのが見えたので、

お礼の挨拶をしました。

 

宿の近くの忘れられない風景。

 

少し南下すると大岐海岸です。

今日はサーファーも誰もいません。

 

通常なら直進して、

足摺の半島の東海岸を下るところでしょうが、

今回は半島の付け根を横断してから県道27に入り、

半島の西海岸を回って岬を目指します。

 

土佐清水港の風景。

 

県道沿いの「松尾のアコウ」の看板に県道を外れて寄り道。

松尾の漁港へ下る細道の脇に立っている

「アコウ」の巨木。

アコウは温暖な地の樹木、

他の木に着生して絞殺して成長する木らしいです。

血管が廻らされたような、ちょっと怖い姿です。

 

少し引き返して、今日のメイン

臼碆を訪ねます。

1キロ余り細道を行くと神社入口の駐車場があり、

鳥居脇の小さな看板を信じ、

怪しい自然歩道のような道を登ると簡易な展望台。

日本で黒潮が最初にぶつかる地らしいです。

海に白い線が渡っているのが見えるのは、

黒潮の潮目なのでしょうか?。

 

急坂覚悟で臼碆神社へ降りてみます。

岩だらけの海岸。小さな灯台。

 

何の神様かも知らず、とりあえずお参り。

汗をかきつつ、急登を引き返します。

 

臼碆からは程なく足摺岬。

5時を過ぎていますが、とりあえず一旦は展望台へ。

来たなぁ、、、って感じです。

 

展望台で27歳の歩き遍路君と一緒になり、

写真を頼まれてから、しばらく遍路話が弾むうちに6時に。

そろそろ宿にチェックインです。

 

足摺で泊まるのは初めて。今回は観光ホテルです。

食事と温泉を楽しみました。

 

四万十ポークと、カツオのたたきと心臓、鰻、○○エビ(忘れました)。

 

緋扇貝蒸し焼き。

 

やっぱり楽しみは、たたき。薬味をちょっと除けて撮ってます。

 

久しぶりの一人旅の夜はあっと言う間に深まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017.06.18 Sunday *** バイク / 10:36 / comments(0) / trackbacks(0)


profile
晴れたらいいね

-天気予報コム-
Categories
Archives
Comments
Recommend
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search